読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みじんこプログラマの挑戦。

知識0から始まったプログラマ生活。でもプログラミングについては書きません。とりあえずやってみよう、何事も挑戦です。そんな記録。

switch (challenge) {case 場づくり: mijinko++; }

繋がりってなんだろう?

人は繋がらないといけないの?

 

ハコがなくても場はつくれる。

個人個人が場になれる。

「あなたがそこにいるから」と言って、集まる人がいる。

そうしたらそれはもう、あなたが場になっているといえるんじゃないかと思う。

 

f:id:y-piropiro:20170321105411j:plain

続きを読む

switch (challenge) {case「いこる」こと。: mijinko++; }

「いこるところに人は集まる」

 

わたしは今、いこっているんやろうか?

 

f:id:y-piropiro:20170206231242j:plain

 

続きを読む

switch (challenge) {case 研修との戦い。 : mijinko++; }

戦いを終えた今、感じていることを文字にしてみること。

 

入社から約1年。配属から5ヶ月ちょい。

研修課題との戦いが、昨日ようやく終わった。

 

"Hello, world!"の2、3行のコードから始まり、数十行のコードを読み解くのも嫌だったはずが、気づけば1000行を超えるプログラムを書いている。

 

技術研修を終え、今感じていることとは。

 

f:id:y-piropiro:20170114232328j:plain

 

 

続きを読む

switch (challenge) {case 考えたことを書きだしてみること①。: mijinko++; }

自分と、社会・人・モノの関係について考えてみたこと。

 

 

「鱈々」という演劇を観る機会があった。

世界から猫が消えたなら」という映画をみた。

 どちらも全く違う作品ではあるのだけれど、

どこか共通して考えさせられるものがあった。

 

考えたこと、感じたこと。

それらを頭の中で泳がせておくのではなく、文字にする。

そういうチャレンジをしていきたいと思う。

 

f:id:y-piropiro:20161231225556j:plain

 

続きを読む

switch (challenge) {case 思うまま飛び込んでみること。: mijinko++; }

結局わからないことだらけ。

それでも一つ、分かったこととは。

 

f:id:y-piropiro:20161226231839j:plain

 

思うまま、直感のままに動いてみることって

口で言うのは簡単やけど、

実際に行動に移すのは難しい。

私も長年そうやって過ごしてきました。

 

でも、

そんな一歩踏み出せない自分がずっともどかしくて、

情けなくて悔しくて、

今の状況を変えたくて、

クリスマスムード高まる大都会へ、飛びこんでみた。

 

続きを読む

switch (challenge) {case 与えられることと得ることと。: mijinko++; }

その場で何を得ようとするのか。

 

 

f:id:y-piropiro:20161217215422j:plain

 

 

何かを始める前に抱いていた、

「これをすれば◯◯を身につけることができる」

「ここに入れば◯◯ができる」

という期待。

その思いと、やってみての現実が違っていたとき。

 

 

いろいろな理由を繋ぎ合わせては、

自分を納得させようとする。

 

 

続きを読む

switch (challenge) { case 与えること。受けとること。: mijinko++; }

お金のやりとりの他にうまれるもの。

こんにちは。みじんこプログラマです。

久しぶりの投稿となります。

 

今日は日常にあふれる「支払いという行為」について

書いてみようと思います。

 

 

毎日、私たちは何かに対してお金を払っていますよね。

 

電車賃、食費などなど。

 

受け取るモノコトに対して、対価を支払う。

払ったなりのモノコトが得られれば満足だし、

満たなければ嫌な気持ちになったり。

普通の経済活動です。

 

そんな中、最近、

「顔の見える相手」や

「背景に人の存在を感じられるモノコト」

に対してお金を払うって、

すごく気持ちいいんだなと考えるようになりました。

 

続きを読む