みじんこプログラマの挑戦。

知識0から始まったプログラマ生活。でもプログラミングについては書きません。とりあえずやってみよう、何事も挑戦です。そんな記録。

switch (challenge) {case みじんこの発信日記そのいち: mijinko++; }

「この辺りはお茶が有名でしょう。そやからそのお茶のために焼き物も盛んやったんよ。」

 

しまコトアカデミーというセミナーの、1泊2日の現地実習。

松江の天神町〜寺町〜竪町を散策していた50分ほどの間に、たまたま見つけた、町の酒屋さん。そこでの出会いは、私にとってとてもわくわくするものでした。

 

 

f:id:y-piropiro:20171020211457j:plain

 

 

どこか誇らしげな、その表情がとてもきらきらしていて。

 

風にそよそよと揺れる暖簾に誘われて、ぶらりと入ってみた「岡酒店」さん。

入るなり、壁添いの濃いい茶色の木の棚に並んだたくさんの酒瓶と、あったかい笑顔で「いらっしゃいませえ」と出迎えてくれたご夫婦(おそらく笑)。

 

手作りのポップの感じ。そして、地元の酒蔵のひとたちをうつした写真が、この酒店と蔵元との繋がりを感じさせる。

「ここの右の子はねえ、この蔵で一番若いんやけど、いい腕しているの。」

そんな風に話を聞いていると、「ああぁ、時間が許すならぜひ行って会ってそのお酒を飲んでみたい!」と思ってしまう。

若者が一度に何人もわらわらやってくるのが珍しいのか、「修学旅行かなにか?」「みなさん何処から?」と少し不思議そうにしながらも、カラフルなデザインのおちょこに甘酒をついでふるまってくれた。

 

 

f:id:y-piropiro:20171020212401j:plain

 

 

「ここにはどんな人たちが買いにくるんですか?」と聞いてみると、ご主人が興味深い話をしてくれた。

 

 

「このあたりの町はお茶が有名でしょう。そやからお茶を飲む焼き物とかも盛んでね。おちょこやとっくりなんかもあるんだけど、たまにね、お気に入りのおちょこやとっくりを見つけたお客さんがやってきて、『これに合うお酒をくれ』って買いにくることもあるんですよ。」

 

 

「えぇー!!お父さんがソムリエみたいに、器に合わせてお酒を選ぶんですか!」

思わずびっくりして、見た目普通のこのおじちゃんが、そんなすごい技をもっているのか!と興奮して、友達と私の声は一段と大きくなる。

 

 

f:id:y-piropiro:20171020214408j:plain

 

 

照れ笑いしながらも、「そうですねえ、器のイメージで、これが合うんじゃないかなぁって。」と、話すご主人の目がきらきらしていて。

この場所でのお客さんとのやりとりが好きなんやなぁと伝わってくる。

 

 

たかが一つの◯◯。

 

たかが一つのお酒。

たかが数分、数十分の、一人のお客さんとの会話。

たかが一つのお酒。

たかがひとつの酒屋さんでの一つの買い物。

 

それでも、この場所で、このご主人からお酒を購入したお客さんは、きっとお気に入りのおちょこととっくりを使うたびに、その時間を思い出すんだろうな。

きっとわたしがそのお客さんだったら、「次はどんなおちょこに合わせてもらおう?」と、ワクワクするんだろうな。

 

 

f:id:y-piropiro:20171020214429j:plain

 

f:id:y-piropiro:20171020214458j:plain

 

 

ほんの少し立ち寄って、甘酒をいただきながら立ち話をしただけだったけれど、たまたま入ったこのお店でお二人に出会ったことは、1泊2日の中でもトップクラスに印象的なものでした。

このご主人のソムリエ話をだれかにしゃべりたくてしゃべりたくて、伝えたくて伝えたくて、帰宅してすぐに言ってしまいました。笑

それにしても、20〜30代の集団を見て「修学旅行」と言ってくれるなんて!

きっと私たちもそれくらい興味津々アンテナをはって無邪気な感じやったんかなあ。

 

 

モノやコトにひとつひとつ繋がっているストーリー。

ただただ消費するだけでは見落としてしまいがちなそういったものを、大切にしたいと思う。

 

 

次はお手製のおちょこととっくりを持って、このお店に戻ってこよう。

 

 

f:id:y-piropiro:20171020214443j:plain

 

f:id:y-piropiro:20171020220654j:plain

 

 

みじんこの発信日記そのいち in しまね

おしまい。

 

 

switch (challenge) {case 場づくり: mijinko++; }

繋がりってなんだろう?

人は繋がらないといけないの?

 

ハコがなくても場はつくれる。

個人個人が場になれる。

「あなたがそこにいるから」と言って、集まる人がいる。

そうしたらそれはもう、あなたが場になっているといえるんじゃないかと思う。

 

f:id:y-piropiro:20170321105411j:plain

続きを読む

switch (challenge) {case「いこる」こと。: mijinko++; }

「いこるところに人は集まる」

 

わたしは今、いこっているんやろうか?

 

f:id:y-piropiro:20170206231242j:plain

 

続きを読む

switch (challenge) {case 研修との戦い。 : mijinko++; }

戦いを終えた今、感じていることを文字にしてみること。

 

入社から約1年。配属から5ヶ月ちょい。

研修課題との戦いが、昨日ようやく終わった。

 

"Hello, world!"の2、3行のコードから始まり、数十行のコードを読み解くのも嫌だったはずが、気づけば1000行を超えるプログラムを書いている。

 

技術研修を終え、今感じていることとは。

 

f:id:y-piropiro:20170114232328j:plain

 

 

続きを読む

switch (challenge) {case 考えたことを書きだしてみること①。: mijinko++; }

自分と、社会・人・モノの関係について考えてみたこと。

 

 

「鱈々」という演劇を観る機会があった。

世界から猫が消えたなら」という映画をみた。

 どちらも全く違う作品ではあるのだけれど、

どこか共通して考えさせられるものがあった。

 

考えたこと、感じたこと。

それらを頭の中で泳がせておくのではなく、文字にする。

そういうチャレンジをしていきたいと思う。

 

f:id:y-piropiro:20161231225556j:plain

 

続きを読む

switch (challenge) {case 思うまま飛び込んでみること。: mijinko++; }

結局わからないことだらけ。

それでも一つ、分かったこととは。

 

f:id:y-piropiro:20161226231839j:plain

 

思うまま、直感のままに動いてみることって

口で言うのは簡単やけど、

実際に行動に移すのは難しい。

私も長年そうやって過ごしてきました。

 

でも、

そんな一歩踏み出せない自分がずっともどかしくて、

情けなくて悔しくて、

今の状況を変えたくて、

クリスマスムード高まる大都会へ、飛びこんでみた。

 

続きを読む

switch (challenge) {case 与えられることと得ることと。: mijinko++; }

その場で何を得ようとするのか。

 

 

f:id:y-piropiro:20161217215422j:plain

 

 

何かを始める前に抱いていた、

「これをすれば◯◯を身につけることができる」

「ここに入れば◯◯ができる」

という期待。

その思いと、やってみての現実が違っていたとき。

 

 

いろいろな理由を繋ぎ合わせては、

自分を納得させようとする。

 

 

続きを読む